護国寺案内
総本山 多宝富士大日蓮華山大石寺
Head Temple Dainichirengezan Taisekiji
開基上人 総本山第66世日達上人
Founder of Gokokuji 66th High Priest Nittatsu Shonin
開創 昭和44年1月10日
Date of establishment January 10th 1969
開創縁起 日蓮大聖人の竜ノ口法難、発迹顕本(ほっしゃくけんぽん)の意義を末永くとどめるために建立
Basis for establishment To preserve for many years into the future the significance of the Tatsunokuchi Persecution and Hosshaku-kenpon which means to discard the provisional identity and reveal the true identity.

大村寿道画「竜口法難図」

 この鎌倉で日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)は捕(と)らわれ、竜ノ口(たつのくち)法難が起こりました。
 大聖人には、身命(しんみょう)に及ぶ迫害(はくがい)を受けながらも、説き顕(あらわ)すべきものがありました。それは苦悩(くのう)にあえぐ人々を無上(むじょう)の幸福境界(きょうがい)に導く南無妙法蓮華経の教え(三大秘法、さんだいひほう)でした。
 そのお心を、御生涯の一大事として本門戒壇(ほんもんかいだん)の大御本尊(だいごほんぞん)に顕(あらわ)し、本弟子六人の中でただ一人、日興(にっこう)上人に託されました。
 日蓮正宗では、日興上人の開いた富士大石寺(たいせきじ)に七百年来大御本尊を厳護(げんご)しつつ、大聖人の三大秘法(さんだいひほう)を広宣流布(こうせんるふ)し、人々の真の幸福と平和な世の中を築くことを目指しています。
 心の支えをお探しの方、悩みをお持ちの方は、是非当山をお訪ね下さい。

Nichiren Daishonin encountered the Tatsunokuchi Persecution here in Kamakura. This occurred because He propagated Nam-MyoHo-RenGe-Kyo in order to save the people who were suffering at that time. Despite the fact that His own life was under this persecution, the Daishonin had one thing that He had to reveal. It was the Buddhism of the Three Great Secret Laws which will lead all living beings to supreme happiness. He inscribed the Dai-Gohonzon of the High Sanctuary of the Essential Teachings as the most important behavior of His life and transferred it solely to Nikko Shonin among the six major disciples.
For more than 700 years, Nichiren Shoshu has been protecting the Dai-Gohonzon mainly at Taisekiji which is located at the foot of Mt. Fuji and which was established by Nikko Shonin. Furthermore, we are aiming toward the establishment of true happiness of all people and a peaceful world by propagating the Three Great Secret Laws.
If you are looking to nurture your heart or if you are under distress, please visit this temple.

-時に感じて- 御聖訓拝読
佐渡御勘気抄

 九月十二日に御勘気を蒙りて、今年十月十日佐渡国へまかり候なり。
 本より学文し候ひし事は、仏教をきはめて仏になり、恩ある人をもたすけんと思ふ。仏になる道は、必ず身命をすつるほどの事ありてこそ、仏にはなり候らめと、をしはからる。 (佐渡御勘気抄・平新482頁)
 
〔意訳〕文永8年9月12日に幕府に捕らわれ、佐渡国へ配流されることになった。これまで出家をして学んできた目的は、仏教の心髄を知って成仏し、恩を蒙った人々もともに救うためであった。されば成仏への道は、必ず身命を捨てるほどの苦難を乗り越えてこそ達せられるのである。
 
〔解説〕成仏(仏に成る)とは架空めいた話ではなく、現実に信行に徹して叶えられる境地である。日蓮大聖人は竜ノ口の頸の座をはじめ伊豆や佐渡への配流を体験される中で仏の境界を開かれた。本宗で大聖人を末法の御本仏と拝するゆえんである。

(平成28年9月公開)